大阪 インプラント

あなたの印象を変えてしまう重要なパーツ前歯

突然ですが、お好み焼きを食べた後、青のりが前歯についていないか気になりますよね。
それは、自分でも前歯に青のりがついているだけで、大きく自分の印象を変えてしまうことがわかっているからではないでしょうか。


前歯についたわずかな青のりでさえ、ステキな表情が滑稽に見えたり、残念に見えたりする。
そんな重要なパーツが前歯です。


青のりレベルでも、そこまで印象を変える訳ですから、当然、前歯に少しでも隙間あったり、隣り合わせの前歯がわずかでも前後にずれていたり前歯のサイズが通常より一回り大きかったり、わずかな違いが大きく口元の印象を変えてしまいます


だからこそ、抜歯後の義歯として前歯のインプラントを選択した場合も、審美的な理由で前歯のインプラント治療を行った場合も、自分のイメージ通りの前歯に仕上げてもらわないと満足できません。

万が一でも、ボルトを埋め込む位置を失敗したことでわずかなズレが出たならば、顔に傷をつけられたのと同じようなダメージを受けたことになります。

そのようなリスクを避けるためには、安易に近所の歯医者さんを選ぶのではなく、インプラント治療で名医と言われている歯医者さんを選ぶ必要があります。

前歯のインプラント治療は難しいからこそ名医を選びましょう

長年、虫歯治療を行い、抜歯後は部分入れ歯かブリッジしか勧めなかった歯医者さんがインプラントをしませんか?と勧めだす・・
このように突然【インプラント治療】の看板を掲げた歯科医院が増えていますが、インプラント治療はそんなに簡単なものなのでしょうか?


インプラント治療は、歯茎にボルトを埋め込み、そのボルトに義歯を取り付けるという口腔外科の技術を伴う高度な技術を必要とする難しい治療になります。

このように、虫歯治療とインプラント治療では治療方法が全く異なるため、虫歯治療の技術がインプラント治療の技術に生かされる部分は少なく、虫歯治療の上手な歯医者がインプラント治療が上手な歯医者ではないということになります。

よって、虫歯治療の技術力は高く安心して通院していた歯医者さんがインプラント治療の技術も高いかというと、それはNOの可能性が高いということになります。

さらに前歯治療に言及すると、ボルトを埋入する歯茎は奥歯より前歯の方が薄いため、前歯の治療は、より高度なインプラント治療のテクニックを求められることになります。

よって、医師のインプラント治療の経験値とインプラント治療に必要な特殊な治療器具がその歯科医院に備わっているか?この2点はインプラント治療を行ってもらう歯医者さんを選ぶ上で絶対知っておきたい条件です。


インプラント名医の選ぶ注意点

猫も杓子もインプラントと言わんばかりにインプラントを掲げる歯医者さんが増えている中、私たちは高額な費用をかけ、リスクがある治療を受け、それでも最良の前歯を得るために受けたいと思いインプラント治療に踏み切るのですから、インプラント名医といわれている歯医者さんにお願いしたいですよね。

そこで、名医を探す上で参考にして欲しいのが以下の情報です。


【最低でも確認するべきこと】

インプラント治療専用の器具の完備

まず最低でもこれが満たされてない歯医者さんで治療することは危険です。
インプラント治療は口腔外科の分野です。
最低限の器具がない歯科医でインプラント治療を行うことは内科で外科手術をするようなものなので、インプラント治療は絶対避けるべき歯医者さんです。


【名医の見分け方】

インプラント埋入実績

これは、歯医者さんが今までに、インプラントの為のボルトを歯茎に埋め込んだきた数をあらわします。
まず、この本数が多ければ多いほど施術経験が豊富だということがわかります。


口腔外科出身の医師

インプラントは口腔外科手術です。
口腔外科の医師の中にはインプラント治療より高度な技術を要する口腔癌や顎骨折治療などを行ってきた医師もいますので、口腔外科の経験医師はインプラント治療も得意だと言えます。


最新の技術を持っている医師

インプラントは、特にインプラント先進国アメリカにおいて新しい治療法が開発されてきます。
よって、向上心の高い医師は渡米や日本での勉強会に参加し常にインプラント治療の技術を磨く努力をしています。
これはインプラント治療の腕を日々磨いていることに繋がります。
当然技術力も上がってくるので名医なのです。

インプラント実績NO1!北大阪インプラントセンター



【北大阪インプラントセンター】のインプラント治療の実績と技術力


今までに20,143本以上のインプラント治療を行っています。


10年間のインプラント保障を行っています。

北大阪インプラントセンターは梅田・難波・豊中・吹田市・三の宮に5医院を展開しています。
どの医院の医師もインプラント治療の名医が治療を行いますので通院しやすい病院を安心して選ぶことができます。


>>豊中のクローバー歯科クリニックの詳細はこちら<<


>>難波のクローバー歯科の詳細はこちら<<


>>梅田のクローバー歯科クリニックの詳細はこちら<<


>>吹田市のインプラントはまつもと歯科の詳細はこちら<<


>>三宮クローバー歯科クリニックの詳細はこちら<<


もしあなたが、【北大阪インプラントセンター】のいづれかの医院に質問やカウンセリングの予約をする場合は電話で確認されることをおすすめします。
電話での問い合わせやカウンセリングの予約に限り
インプラント治療前に必要な検査費用1万円分が無料になる特典があるからです。

切らないインプラント治療ができる坂井歯科



【坂井歯科医院】のインプラント治療の実績と技術力


今までに4,500本以上のインプラント治療を行っています。


腫れない・痛くない・切らない高度なインプラント治療が可能


短時間の手術・短期間のインプラント治療が可能です。

京阪本線香里園駅より徒歩1分


>>「坂井歯科医院」の詳細はこちら<<


もしあなたが、【坂井歯科医院】に質問やカウンセリングの予約をする場合は電話で確認されることをおすすめします。
電話での問い合わせやカウンセリングの予約に限り
インプラント治療前に必要な検査費用が無料になる特典があるからです。

インプラント先進国アメリカで講師をするほどの実力がある黒木歯科医院



【黒木歯科医院】のインプラント治療の実績と技術力


今までに3,500本以上のインプラント治療を行っています。


インプラント先進国アメリカで講師をする程の高度な技術力。


15年間のインプラント保障を行っています。

箕面線「箕面駅」より徒歩5分


>>「黒木歯科医院」の詳細はこちら<<


もしあなたが、【黒木歯科医院】に質問やカウンセリングの予約をする場合は電話で確認されることをおすすめします。
電話での問い合わせやカウンセリングの予約に限り
インプラント治療前に必要な検査費用3万円分が無料になる特典があるからです。

歯周病ケアをしながらインプラント治療が行える須沢歯科



【須沢歯科】のインプラント治療の実績と技術力


今までに2,000本以上のインプラント治療を行っています。


5年間のインプラント保障を行っています。


歯周病専門医のノウハウがインプラント後のトラブルを予防します。

京阪大和田駅・北出口から出てすぐ


>>「須沢歯科」の詳細はこちら<<


もしあなたが、【須沢歯科】に質問やカウンセリングの予約をする場合は電話で確認されることをおすすめします。
電話での問い合わせやカウンセリングの予約に限り
インプラント治療前に必要な検査費用2万円分が無料になる特典があるからです。

口腔外科出身の院長によるインプラント治療なので安心の井上歯科クリニック



【井上歯科クリニック】のインプラント治療の実績と技術力


今までに1,000本以上のインプラント治療を行っています。


大阪大学歯学部の口腔外科出身で口腔癌など難しいオペもできる腕があります。

心斎橋駅・1番出口から徒歩1


>>「井上歯科クリニック」の詳細はこちら<<


もしあなたが、【井上歯科クリニック】に質問やカウンセリングの予約をする場合は電話で確認されることをおすすめします。
電話での問い合わせやカウンセリングの予約に限り
インプラント治療前に必要な検査費用1万円分が無料になる特典があるからです。

短期間でできるインプラント技術を持っている向井歯科



【向井歯科】のインプラント治療の実績と技術力


今までに1,000本以上のインプラント治療を行っています。


大阪大学歯学部で数々の難易度の高い口腔外科手術を執刀


短期間でインプラントを埋入できる最新の治療ができます。


>>「向井歯科」の詳細はこちら<<


もしあなたが、【向井歯科】に質問やカウンセリングの予約をする場合は電話で確認されることをおすすめします。
電話での問い合わせやカウンセリングの予約に限り
2本目のインプラント治療費用を1本につき10万円値引きする特典があるからです。

インプラントとは?


抜歯後の歯茎に人工的な歯根になるボルトをあごの骨に埋め込み、そのボルトに歯を取り付けるのがインプラントです。

インプラントは口腔外科手術を必要としますが、入れ歯やブリッジに比べて、ボルトが歯根と同じ役割をするため天然歯のようなしっかりとした噛み心地が得られます。


又、インプラントの治療法にも1回法2回法抜歯待時法など多種類あり、患者さんの希望をくめるように治療法が進歩しています。


噛む力が復活することで、食事が楽しめる、アゴの力も取戻し、咀嚼をすることでボケ防止の効果もあると言われています。

そんなインプラントの大きなデメリットは、保険適用外治療になるので高額である。
手術を要するため、治療期間が長い。
術後には定期的なメンテナンスを必要とする。
手術自体のリスクなどデメリットもあります。

但し、メンテナンスに関しては、ブリッジも入れ歯も必要なためインプラントだけのデメリットではありません。

インプラントのメリット


虫歯や歯肉炎、外傷などで歯を失った場合の治療法には、入れ歯やブリッジなど選択肢はいくつかありますが、最近人気を集めている治療法はインプラント治療です。

人気の理由にはいくつかのメリットが大きい部分です。
インプラント治療は、土台になるネジ型の歯根を顎の骨に埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を取りつける治療方法なので、噛み心地は天然の歯とほぼ同じで、違和感なく食事を美味しく頂くことが出来ます。


さらに、インプラントはしっかりと固定していることから歯茎との間に隙間ができることもないので、入れ歯のようにものが詰まることでの不具合や違和感もなく過ごせます。


入れ歯の場合には慣れるまでに痛みを感じたり、外れやすかったり、さらには味覚を感じにくいというデメリットもありますが、これらの不便さもなく使用することができます。


また、ブリッジのように装着の際に健康な歯を削る必要もないため、周囲の健康な歯などへの負担が少ないと考えられます。


さらにはセラミック製の人工歯を使用するため、他の歯との違いはほとんどないので、とても自然な仕上がりとなり、他の歯との違いがほとんどありません。


特見た目の美しさが気になる前歯にはインプラント治療を選択する人が増えています。
こういったメリットが人気の理由となっているのでしょう。

インプラントのリスク


失った歯の治療法には、入れ歯やブリッジなどいくつかの方法がありますが、最近インプラント治療を選ぶ方が増えつつあります。

インプラント治療は新しい治療方法で、人気がある理由はメリットが大きいということでしょう。

しかし、リスクが全くないわけではありません。
治療を受けるにあたって、リスクを知ることは大切なことです。

まず、インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋め込むための外科手術であり、部分麻酔を使用するという点です。
手術時に大きな血管や神経を傷つけてしまう可能性もゼロではないということです。

また、重度の糖尿病やや骨粗鬆症の治療を行っている人はインプラントを行うことができないことがあります。

さらに、インプラントを行うための十分な知識や高度な技術が必要であり、中にはこれらを持ち合わせていない歯科医が治療にあたり、事故が起こることもあります。

治療事故が行った場合には顔面の神経損傷や歯の損壊、最悪の事態を招くこともありますので信頼できる歯科医、医療機関を選ぶことが重要なのです。


そして、インプラントは治療後のメンテナンスを欠かすことができませんので、定期的に受診しなければなりませんが、これを怠ると、インプラントは天然の歯に比べ防御能力は弱い為、周囲にプラークが蓄積すると歯肉炎を発症させ、インプラント周囲炎という病気を引き起こし、インプラント脱落へとつながります。定期的に受診してリスクを回避することで、インプラントを長く使い続けることができます。

インプラントの費用


インプラントは健康保険が適用されないため高額な治療費がかかります。
又、治療後も定期的なメンテナンスが必要になるので一定の治療費が固定費のようにかかってきます。

インプラントの相場は1本で35万円程度と言われていますが、都市部と地方によって異なります。
都市部は、需要が多いかわりに土地代が高く、必然的に治療費にテンナント代がのってくることになるからです。
地方では、人数が減る分インプラントの需要も減るのですが、テナント代が安くなり、地方の方がインプラント治療費用が安くなる傾向があります。

よって、A地方の名医に頼むことは、腕がいい割に安いというメリットがあります。
ただ、メンテナンスを定期的に行わなければいけませんので、やはり通院しやすい歯科医院を探すことも重要です。

また料金に差がでるもう一つの理由として、人工歯に使用されている材質が価格差としてあらわれてきます。

このようにインプラントには健康保険は利用が効かないため金額は歯科医院により異なります。
しかし、インプラント治療は高額医療控除を利用することができますので、確定申告すれば治療費の一部が返還されます。

インプラントとブリッジを比較


抜歯後、歯科医は、噛みあわせを重視することから、天然歯の代替となる義歯としてインプラントやブリッジ、入れ歯(床義歯)という方法を勧めます。

昔は、入れ歯が当たりまえの時代でしたが、最近ではブリッジとインプラントが人気です。
これは、入れ歯を入れる生理的抵抗や異物感や噛みあわせの問題や味覚の低下など入れ歯は保険が効くので安いのですが、安い分しかないためです。

そんな中、自分サイズの入れ歯や味覚の低下を抑えることができる薄型の入れ歯も開発されていますが、そうなると保険適用外となり、じゃ入れ歯じゃなくてブリッジかインプラントを選択しようという方が増えています。

ではブリッジとはどういうものでしょうか?
ブリッジは、抜けた歯の両隣の健康な歯に橋を架けるように金属をかぶせて失った歯を支えるような治療を行います。

このため、健康で何の問題もない抜けた歯の隣の歯をブリッジの装着のために削らないといけません。
また、その歯に抜けた歯の分の噛む力が加わるため歯の劣化や歯周病になるリスクが高まります。

それでも、ブリッジは入れ歯に比べると違和感が少なく、咀嚼も変わらずできる上、治療期間が短く保険が適用されるので人気があるのです。

そして、最近注目されているのがインプラントです。
これは、抜歯した歯の代わりにアゴの骨に支柱となる金属を埋め込み、その上に人工歯をつける治療のことです。

一番、自然な噛み心地と以前と代わりない味覚なので、まるで自分の歯と同じだと喜ぶ患者さんが多いです。
しかし、インプラントは保険適用外で高額な治療法になるため、前歯全部変えたら100万したなんて方もざらにいます。

見た目が美しく自分の歯と並んでいても違和感を感じないインプラントですがメンテナンスの面倒や治療期間が長いというデメリットがあります。

インプラント治療の名医の選び方

関連サイト

 

サイトマップ